おせち料理の移り変わり

簡単につくれるおせち料理 自分が子供のころや結婚した当初はきちんとお重におせち料理を作っていましたが、この最近は元旦に食べる分しか作らなくなりました。昔は正月に火を使わないようにしたり、忙しいので正月までに食べれるようによく作ったものですが、三日も同じものを食べていると飽きるのか毎年あまり食べないこともあり、お店で買ったり、今のスタイルになっています。簡単なものもありますが、カズノコや煮豆やだてまきなどはすごく手間がかかって大変なのであまり作らなくなりました。お雑煮とつまむ程度に作りますが、洋食や中華のおせちなども組み合わせるようになりました。

その方がおいしいですし、好きなものが多いので、みんなの好みがあうところがいいです。この最近はお手軽に豪華なおせちがお重でも単品でも当日でも三が日にも購入することができるので便利になりました。にしめなどは普段からよく食べますが、カズノコやごまめとお雑煮をやはり食べると今年の年初めだなあと確認できて好きです。やはりそういった季節感やけじめだけはきちんと続けていきたいです。料理ひとつひとつにちゃんと意味があるのでそれを伝えながら楽しみたいと思っています。今年もあと三か月で早いものです。